身近な生活者の視点や考え方が地球規模の問題解決につながっている

 2011年の東日本大震災の際、被災後の避難所での生活等を通して明確になったことは、家族や地域の「絆」の強さの重要性でした。人が身につけた衣食住に関する能力とそれらを存分に発揮したことによる被災者相互の献身的で意欲的な取組みが、あの困難な状況を乗り切った原動力でした。

 これらの「生きる力」を育むことができる学科が生活環境科であり、衣食住の全ての領域について、行動力や実践力を身につけるとともに、技能の習得を目指します。

 生活環境科で学ぶ意義は、知識の習得のみならず、協力して働くこと、実際にやってみること、まとめること、発表すること、幼い子どもやお年寄りなどの異年齢集団と交流することなどから、家族や社会と向き合い、生涯を見通す目標をもち、課題を解決する力を身につけていくところにあります。

 大震災後の社会状況から、近年は、人や生きものの命の尊重、他者への思いやりの心を育てることなどが重視されつつあります。生活環境科では机上の学習だけでなく、多くの人とのつながりから人としての生きる力を学びます。

 家族という小さな営みが基本となって、社会や地球規模の動きにつながっていきますので、生活者である私たちの行動を抜きにしては、現代社会や地球規模の問題の解決もあり得ないと言えます。したがって、生活者の視点や考え方はきわめて大切です。

本校生活環境科の概要

本校の生活環境科は一般教養を身につけるとともに「家庭」に関する専門科目を学習し、将来、生活産業のスペシャリストとして活躍できる人材の育成を目指しています。

生活環境科の特色を示す専門科目「生活環境」では、福祉や消費生活について学習し、「人にやさしく、地球にやさしい生活」をするために日頃どのように行動すべきかを学びます。3年次には、食物・被服・保育の3つの分野から選択し、より高度な内容について学習します。また、実験や実習、家庭クラブ活動を多く取り入れるとともに、家庭科技術検定をはじめ、多くの資格取得にも力を入れています。

 進路については、7割程度の生徒が大学や短大、専門学校に進学しています。卒業生の多くは、保育士や調理師、栄養士等、地元の生活産業分野で活躍しています。