桜井高校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
 本校は、富山県東部、黒部市にあり、昨年度創立百十周年を迎えた歴史と伝統のある高校です。全日制普通科、土木科、生活環境科の3つの学科からなり、地元では特徴のある総合制高校として高い実績を上げ、評価を受けています。約2万5千人の卒業生は地域はもとより広く国内外で活躍しています。

 本校の教学精神は「行学一如:ぎょうがくいちにょ」(行うとは学ぶことであり、学んだことは行動として生かされていくと言う意味)で、校訓は「自主・協和・創造」です。これが学習や部活動、生徒会活動、諸行事で発揮され、大きな成果を上げ、活気あふれる学校として評価されています。
 本校の教育の目的は、教科と教科外の様々な活動によって人格を陶冶し、平和で民主的な社会の形成者を育成することを基本にしています。また、本校では、高い進路目標をもちそれを保証するため、学習や総合的な学習の時間「行学」による指導、朝テスト・読書、各種補講、センター試験対策、小論文指導等のきめ細かい進路指導をしています。

<普通科>では、英語検定指導や異文化理解講座、海外研修(アメリカ等)などを実施し英語力の向上を図るとともに、国際感覚を養う教育や国際理解教育の充実に努めています。

<土木科>では、資格取得(測量士補や土木施工技術者試験の合格率は全国トップレベルにあり、進学や就職の大きな実績に生かされています)やインターンシップに力を入れ、職業人としての実力や教養を養っています。

<生活環境科>では、資格取得や各種実習(保育所、高齢者施設等)及び家庭クラブ活動やホームプロジェクト研究で成果を上げ、自ら学び課題解決を目指す学習が行われています。
このように各科とも特色ある学習を積極的に行い、それが生徒たちの成長や進路保証に大きな成果となっています。

 部活動も学習と両立させながら、科・学年の壁なく、全校生一体となって活動しており、野球部の甲子園出場(4回)など運動部・文化部とも全国レベルの大会に出場する部活動も多く、めざましい活躍をしています。
 全校生徒が自主的に協力しながら、学習や部活動、諸行事に取り組み、その成果を共有し、お互いに成長しあう関係を大切にしています。このような生徒たちとこれを支える熱い教師たちに囲まれて、一人ひとりの生徒が生き生きとした高校生活を送っている学校です。
 今後も、地域の方々に信頼される学校を目指して、生徒・教職員が一丸となってよりよい学校づくりに取り組んでまいりますので、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。